FC2ブログ

プロフィール

FC2Lucas199115LJR

Author:FC2Lucas199115LJR
海外・移住を目指し、取り敢えずロングステイアドバイザー資格をとりました。 おもしろ、おかしく情報を綴っていきます。♪
ゆっくり、ゆったり、楽しくがテーマ !
Viva la Vida ! (人生ばんざい~♪)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

さ~いくぞ海外・移住へ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さ~いくぞ海外・移住へ

おもしろかったらポッチットをお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

がん封じ寺 せんき薬師ってしってました?


食道がんの手術をして、無事退院しました
IMG_1972.jpg
5年前に同じ病院からみた朝日をまた見ることができましたよ♪

息子が稲沢の片田舎にある「せんき薬師・西福院」のお守りを
買ってきてくれましたよ
IMG_1983.jpg

古びたお寺にいくとまったくの無人だったそうで、
ベルを鳴らしても、扉を叩いても誰もでてこないお寺

あちこち見回すと、式台の上にお守りがいくつか並んで
置いてあったそうです  注意文をみると・・・

お代は賽銭箱に入れておいてください・・だと

なんと無防備な、セキュリティに無頓着なお寺だったそうです
(笑っちゃいました・・)

でもたまたまみた最新号の女性週刊誌にがん封じ寺の特集があり
東海で4つの有名どころと肩をならべていたのを発見し
二度びっくり・・・

こんなお寺にはなにか霊力を感じてしまいました

応援のポチをおねがいします

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
スポンサーサイト



池江璃花子さんに静かなエールを!

「ガン」経験者として思うのは

「絶対がんばって」とか「早い復帰を願う」とかは逆効果
となります。 患者さんにとっては一個人として「命」と戦う治療に
向き合うことになり、人一倍頑張ることが必要なときに
「がんばれ!」は逆効果になると感じます
僕としては腹の底から「大笑いできるジョーク」が
一番の力になるとおもいます

ましてや、どこかのオリンピック大臣が
「オリンピックを前にがっかり」発言は「なさけない」

彼女と戦ったスエ―デンの女子競泳選手からは
「私のすべての力と愛を贈ります」との言葉が届いていたとのこと
素晴らしいエールと思います
heart-reef.jpg

一個人がこれからしばらく病と闘うことになるので
「静かに見守ってあげる」につきると思います
ましてや18才で人に夢を与えられるアスリートです
素晴らしいアスリートです

マスコミを含め
静かに見守ってあげたいと思っています
八代亜紀さんとみやぞんの「だいじょうぶ」応援歌を
 今日は歌おうとおもいます♪


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

4年目のガン検診の結果は?


ガン検診にいってきました
(治療後ほぼ4年目です。
結果~問題なしのバンバンの健康状態でした)

ガンにかかった当初は
殊勝な気持ちになり、自分の人生を振り返り謙虚な自分を
探していましたが・・・

喉元過ぎれば熱さを忘するる・・・のごとく最近チト
また我儘の芽が出始めている感があります
成長しない自分が・・・懲りない自分が~
(例えると免許証の更新にいって、待ち時間に凄惨な交通事故の
「怖いビデオ」をみせられ、一瞬「交通安全、安全運転」を
自戒するんだけれど、新しい免許証をもらって運転試験場を
出るときには、下り坂をアクセル踏みつけて運転している
自分に似ていますね)

そこで8年程会っていない友人に唐突に電話して
昼飯を一緒にしました。 彼は気軽に会ってくれて
お互いの空白時間を喋り合いました。
この年になれば、誰も同じように悩みを体験していて
話をするだけで、穏やかな気持ちになりました。

うまい「チャーハン+ラーメン」の昼ご飯を彼に
奢ってもらい、五月晴れのもと
帰路につきました。  友達との再会を期して!
いい一日でした。   Viva la Vida!!!
Thank you for everything !

応援のポチットをおねがいします~

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

一度は読んでみてはいかが? 世界がん記念日

smiley_convert_20140313210122.jpg
2月4日はワールド・キャンサー・デイと知りました
(世界ガン記念日という意味でしょうか)

今日、たまたまネットで「ガン・サバイバー・クラブ」のことを
読みました。 垣添忠生さんという方が全国のガン・センーを2月5日
九州から全国3000Kmを歩いて訪ねる旅に出られるそうです

76才 日本対がん協会長で泌尿器科のお医者さんですが、ご本人も
がんを患い、奥様をもがんで亡くされたそうです

名古屋は3月5日、6日に来られるそうです。
僕も応援にいこうと思います

「がん」は誰でもなる病です でも事前に「どんな病か」を
知っておくと、楽になります
僕も3年半前に食道がんになったけど、治っちゃいました
病気の経過、治療については以下で綴っています(ご参考まで)
http://lucasan.blog.fc2.com/blog-category-15.html
(ブログ内の身中の虫カテゴリーです)

ご興味が沸いたら以下のリンクを辿ってみてください
垣添忠生ドクターの「がんサバイバークラブ」
https://www.gsclub.jp/walk

先日もB型インフルになりましたが、「点滴一本!」で治っちゃいましたよ~(独り言)
(僕はいつも看護婦さんにお願いして、超スピードで点滴を落としてもらいます
看護婦さんも分かっていてくれて、気軽に親指を立ててくれます・・・!!!
    早く家に帰って、アルコール消毒をしたいので・・・smiles!)

応援のポチをお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

ガンという呼び名をやめてみては?

P3220281_convert_20170324103704.jpg
先日TVで「がんを生きる新常識」という番組をみました

自らがんを経験した6人のお医者さんが
がん対応の普通診療(健保)と自由診療(効果のエビデンス
が確認されていない保険外治療)の比較をされていました

6人中5人が自由診療には賛成していなかった
賛成の一人も病人ご自身の生活環境、経済面、年齢などを
勘案しての条件付き賛成でした

僕の場合は食道がんステージ3で普通診療での治験薬物療法
を選択しました
治療内容は
・一か月1週間づつの入院で4ケ月の治療
   この間に抗がん剤を連続72時間投与
   放射線治療28日間連続を併用治療しました

治療終了後ほぼ3年で現状バンバンの健康で
煙草はやめたけど、お酒は以前どうりで体重も治療前
に戻っています。(治療中は-10Kg)でした・・・
(ただし、副作用はアチコチに出ているように感じますが)

TVスタジオにはガン経験者が多数出席して
  ガンへの恐怖とか治療方法をもとめて病院を
  点々としたとか、家族への心配を現実感を
  もって話されていました
また、みなさん一様にガンと戦う切実なご体験を話されて
いました

僕が食道がんになったとき、癌細胞をやっつけるという
感覚は持ち合わせませんでした。 年も年だし!
どちらかというとガン細胞も自分の細胞で突然変異して、
それが増殖していく状態という感覚でした。よって、癌細胞
と共存する考えでした。 ガン細胞くんにもこれからもメシを
奢っていくから、あまり身中で暴れんでくれよ~って感じ
でした。 僕のガン治療メモはこのブログ中
「身中の虫」カテゴリーで綴っています。
(もちろん、若い人の場合はこんな簡単に割り切れない場合も
 たくさんあると思いますが・・・)

このTV番組の中で、皆さんガン=死という感覚でお話を
されていました。 ここで僕が思うのはガン=癌=終わりという
言葉があまりにも暗~いイメージをもっているので、
癌という言葉を別の言葉にしてはどうかな~って思うことです。

僕は「オデキ虫」と呼んでいますが、ガンも健忘症とか
脚気と同じ病気の一つと考えられるようにしたらどうでしょうかね~?

それからもう一つ、経験から大事なことを:
 
オデキ虫が暴れだす前にはそれなりの期間前に体調変化が現れ
始めるということです。つまり、免疫力が落ちてくる兆候がある。

逆に、オデキ虫を適当に飼いならすためにはこの「自己治癒力」
なり「免疫力」を強くすることが薬以上に効果を発揮するという
ことです。 ストレスが一番よくありません!!!

追記
ここに書いた一文は私個人の印象です。 ガンにもたくさんの
種類があり、一概に答えがない場合がありますので、
どうぞ誤解の無いように読んでいただきたいと思います。

応援のポチットをおねがいします

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ