fc2ブログ

プロフィール

FC2Lucas199115LJR

Author:FC2Lucas199115LJR
海外・移住を目指し、取り敢えずロングステイアドバイザー資格をとりました。 おもしろ、おかしく情報を綴っていきます。♪
ゆっくり、ゆったり、楽しくがテーマ !
Viva la Vida ! (人生ばんざい~♪)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

さ~いくぞ海外・移住へ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さ~いくぞ海外・移住へ

おもしろかったらポッチットをお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

悩ましいチップ (その1)

チップ(Tipping)

チップに馴れていない日本人観光客にとり、チップは時にやっかいなものに
なりがちです。 海外に旅する時の心づもりとして、経験談をふまえ
メモしてみます。

Small+bill_convert_20140510175554.jpeg
やっかいな場面とは、チップは本来、提供されたサービスにたいして
(例:レストランなどでの食事の美味しさ+ウェイターさん達のサービス
対応など)謝礼の形で一定金額を置いてくるものと理解していましたが、
欧米ではウェイターさん達は店との契約で比較的低賃金での給料+チップ
で生活する体系が一般化してきているので、日本人にとり難しい場面に
遭遇することがあります。娘がカナダ・トロント留学時代、お寿司屋で
バイトをしていたとき、やはりチップが収入の大部分と云っていました。


○旅する国による場合
欧米の場合、レストランなどでは以前は10%~15%だったものが、
最近では15%~20%に増えてきているようです。
東南アジアでは(例えばバリ島)10~15%でよいようです。
(不必要の場合もあり)


以前、ハワイに旅してラーメン屋さんでお昼を食べたとき、ラーメンは
カウンター越しに渡すだけなのに、請求書に15%のサービスチャージが
自動的に上乗せられていた。

当然、クレームをして、請求書から
15%を差し引いてもらい、その後請求金額の10%をチップとしてカウンター
に残したこともあります。馴れない観光客は請求書の15%を支払ったあげく、
15%のチップをテーブルに残す方もおられるようです。チップの二重払いです。


仮に15%のチップを残す場合でも、正確な計算は必要なく、数字をラウンド
(切りのよい金額)すれば問題ないと思います。タクシーで$17.50であれば、
$20渡してもいいし、$20でまず料金精算をしてから$2をチップとして
渡してもいいと思います。

レストランの精算をクレディットカードでする場合、請求書に自分でチップ
金額を足して精算してもらうのも一つの方法ですが、ウェイターさん達の
ことを考えるとチップは現金で置いてあげた方がいいかなと思います。


タクシーなど
大きな荷物を車のトランクに入れて運んでもらう場合は通常1個/$1~2程度
のチップを払っています。 ホテルのベルボーイさんにタクシーを呼んで
もらう場合、気分次第で払ったり払わなかったりしてます。(必ず必要とは
思わないので・・・)
ファーストフード
基本的にはチップは置きません。カフェなら$1~程度。

部屋内
朝、枕元には通常$1/一人程度を置くようにしてますが、特に部屋を
汚した(水をこぼしたとか、タバコの灰皿が一杯とか)場合は余分に
置くようにしてます。


ルームサービスを頼んだ時には内容(金額)に応じて、持ってきてくれた
人に$2程度を渡していました。

チップは払う方も、もらう方も気分良くなるようにしたいものです。

これも以前の話ですが、やはりハワイのレストランで
料理は不味い、値段に合わない、サービスはつっけんどんの三悪状態のランチ
食べたことがありましたが、この時はテーブルの上に1セント硬貨を
ビシッと置いてこちらのなめんなよ~!」の意思表示をしたこともあります。

旅行前にチップとかタクシー料金を払うために、事前に小額紙幣を
準備しておくことも必要です。


チップで一度は悩んだ~という方は応援のポチットを

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム