FC2ブログ

プロフィール

FC2Lucas199115LJR

Author:FC2Lucas199115LJR
海外・移住を目指し、取り敢えずロングステイアドバイザー資格をとりました。 おもしろ、おかしく情報を綴っていきます。♪
ゆっくり、ゆったり、楽しくがテーマ !
Viva la Vida ! (人生ばんざい~♪)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

さ~いくぞ海外・移住へ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さ~いくぞ海外・移住へ

おもしろかったらポッチットをお願いします。

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

一本の缶コーヒー あれから20年

一年半ぶりに・・あの彼を街中でみかけた

彼は路上生活者  最初に見かけたのはいまから20年近くまえ 
街の自動販売機で小銭を探していた
僕はおもわず缶コーヒーを買い彼の前に差し出していた
110Coffee_convert_20140714224223.jpg

彼は無言で僕を暫く見つめ返し、無言で缶コーヒーを受け取り
無言で踵を返し 夕暮れの街に消えていった

お互い理由はわからず、ある時こんなシーンが都会の真ん中で起こった

あれから何度か彼を街中でみかけていた

グレーの長髪はザンバラで肩をゆうに超えて風になびいている
ズボンはひざ下からバラバラに割けて 路上を引きずっている
どうみてもこの20年 同じ服装で埃にまみれ
周りの雰囲気から際立っていた

しかし、彼の持っている独特の雰囲気は20年の長い歳月でも変わっていなかった
歩く姿勢はやや前かがみで目は爛々と前をみていて、何かを狙っているような
迫力を感じていた・・・まるで捕食者が獲物を狙っているような・・・

以前にも同様の言葉で表現をしたが・・・
  http://lucasan.blog.fc2.com/blog-entry-152.html

まるで歌舞伎の連獅子を思い浮かべる雰囲気だった
顔にきざまれた茶褐色の皴は隈取の迫力だ
彼の後姿から鼓の音が聞こえてくるようだ・・・

風貌はやつれているが
近寄りがたい「凛」とした雰囲気は20年前と同じだった

彼が空き缶などを集めている姿をただの一度も見たことがない
いつも・・ただ黙々とあるいている

ほぼ確信になりつつあるけど、きっと、間違いなく
あの歩いていく公園の角を曲がったところに
黒塗りのベントレーが彼を待っているに違いないと思うようになっている

20年前の一本の缶コーヒーで
今も彼から不思議な生きる力をもらっているように感じている

感謝!

応援のポチをおねがいします

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
スポンサーサイト



<< 生は食なり・・・うなぎなり | ホーム | 煙草のけむりはどこへ・・・? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム